九州・長崎を拠点に全国へ発信する包装資材メーカー 株式会社丸本

 
九州・長崎を拠点に全国へ発信する包装資材メーカー 株式会社丸本
 
環境と包装

>> ホーム > 環境と包装(1)

環境と包装 丸本は包装のエキスパートとして環境問題に取り組んでいます。

環境に優しい包装をめざして・・・

新しい素材や技術が開発され発展を続ける包装産業。その一方でリサイクルなどの大きな課題を抱えています。そこで推進されているのが適正包装です。これは内容物の保護・保存といった包装(パッケージ)の基本的な機能に加え、省資源や焼却可能など「環境に優しい包装」をめざすもの。丸本ではお客様の大切な製品の包装をリサイクル、省資源、軽量化の視点で見つめ、環境保全のためさまざまなアイデアをご提案いたします。

まず、日々のゴミを減らす

たとえば製品の企画・設計・製品工程を見直してゴミと化すあらゆるロスを削減。工場でも予備紙や物流資材を削減。また、社内文書の電子メール化や古紙の再利用、ゴミ分別による再資源化、そして不良在庫をつくらないなど、社員みんなが日々の業務の中で、ゴミ減量の努力をしています。

ダイオキシンをおさえる努力

本来自然界にない物質で、時間が経っても分解しないダイオキシン。地球をめぐり食べ物を通してヒトの身体に取り込まれ、一定量を越えると健康に著しい悪影響を及ぼします。丸本では、フィルムメーカーと協力し、燃焼機能が高くダイオキシンの生成抑制に有効な環境保全型のゴミ袋やラップフィルムを推進していきます。

リサイクルシステムをつくる

トレイや発泡スチロール製品は、植木鉢やベンチ、合成木材舗装材等、エコ認定品として生まれ変わり、再び社会で役立てることができます。当社では消費者、トレイ業界、各店舗などと協力し、役割を分担しながら回収システムの構築を進め、回収を実施しています。

マイバックを使ってください

お店のレジでもらうポリ袋も大事な資源。近頃では自治体や各事業者が「買物袋(マイバック)持参運動」を提唱しています。マイバック使用で生活の身近なところからゴミ減量に取り組めます。丸本では、工夫を凝らしたオリジナルのマイバックを企画・製作。お客様にご提案しています。

ゴミ減量4R

◎リフューズ(ゴミになるものを作らない)
◎リデュース(ゴミを減らす)
◎リユース(繰り返し使う)
◎リサイクル(再び原料に返し利用する)
大量のゴミを生む大量生産・消費社会から循環型社会へ移行するために、まずはこの4Rを心掛けてゴミ減量へ貢献しましょう。

次のページへ
 
ページの上へ
 
メインメニュー   株式会社丸本 デジタル会社概要 V・ファーレン長崎を応援しています。 デザイナーのつぶやき