創業70周年を迎えて

2020.02.15

お知らせ

 令和の新しい時代がスタートし、オリンピックが東京で開催されるこの年に私共、丸本は創業70周年を迎えることができました。
 これも一重に、お客様、仕入先様、諸先輩方々、地域の皆様のご支援と御尽力のお陰であると、この場を借りて、深く御礼を申し上げます。
 当社は私の祖父である丸本柳八が昭和25年に長崎市油屋町で創業した会社でございます。戦後の荒廃した中で、島原半島にある千々石町にて地元の漁師さんが、煮干し袋が無く困っている話を聞き、何とか役に立ちたいという一心で1枚の煮干し袋を作って差し上げたのが原点です。
 その後、昭和35年、今から60年前に、福岡に進出し、グラビア印刷加工を始めました。平成元年包装機械部 平成2年企画デザイン部を営業部に新たに創設して、現在はパッケージの企画・製造・販売までの一貫生産体制を行っております。この70年間は弊社にとり幾度となく困難も経験しましたが、その度に社員一丸となり、皆様からお力添えを頂きながら、団結し難局を乗り越えて参りました。私共は食品の安全と衛生を包装で守っているという使命と社会貢献したいという気持ちを胸に福岡工場、熊本工場で良い製品つくりを目指してまいります。
 包装資材を取り巻く環境は廃プラスチック問題、フードロス減量、レジ袋有料化の影響で、より環境に配慮した設計・開発が求められています。まさに包装資材に変革期であります。
 それに加え、短い時間で、質の高い仕事を行う必要性が出てきました。社会構造が激しく変化していく中で、お客様のニーズをつかみ、お客様に寄り添いながら印刷にかかわる多様なサービスを展開してまいります。
 2月15日の70周年記念日は、100周年へのスタートの時でもありますので、これからも毎日の積み重ねを怠らないで、未来を作る努力を重ねて参りますので、何卒、今後とも皆様のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

代表取締役 西川 暁大

All Rights Reserved,Copyright© 2019,MARUMOTO Co.,Ltd.

ページトップ